会議参加なら分からなくもないが
物見遊山なら自腹で行けよ

文書通信交通滞在費 100万円/月
があるんだから足りるだろ


00000-001



11/14(日) 11:32
議員の海外派遣費は妥当? 衆参両院で来年度計5億円要求
コロナ下オンライン活発化 専門家「見直すべき」

衆参両院は来年度予算の概算要求で、国会議員の海外派遣費用計5億6千万円を計上した。新型コロナウイルスの感染収束を見据え、前例を踏襲した形だ。ただ、海外視察は高額の割に成果が見えづらいとの指摘がある中、コロナ禍でネットを活用した海外との意見交換などが活発化しており、専門家などからは「これを機にあり方を見直すべきだ」との声が出ている。

海外派遣は国会休会中に委員会単位などで行い、与野党理事らが先進地の視察や政府関係者との意見交換を行う。衆参両院によると、従来は年間40件程度の派遣実績があったが、コロナ感染拡大後は実施できず、今年9月に山東昭子参院議長が国際会議出席でオーストリアに行ったのみだ。

コロナ前とほぼ同額の概算要求
来年度予算の概算要求で、衆院は3億7300万円、参院は1億8900万円と、コロナ前とほぼ同額の関連費用を計上。国会関係者は、コロナの収束を見越して「同規模の予算が妥当だ」と説明する。

一方、野党議員の一人は、民間ではオンラインを活用して海外出張を効率化する動きなどが出ているとして「コロナ前と同じように海外視察をするのはありえない」と話す。名古屋外国語大の高瀬淳一教授(情報政治学)も「ネットで調査ができる海外の情報は増えており、合理化は必要。『不要不急の外遊』は控えるべきだ」と指摘する。
議員の海外派遣費は妥当? 衆参両院で来年度計5億円要求





人気ブログランキング