国民負担率は44.3%(令和3年度)となる見通しで、江戸時代の農民の年貢が「四公六民」なので、
令和も江戸もたいして変わらん。令和の年貢の無駄使いに、ばっかも~ん

いい仕事してますね

処分する方がオカシイだろ

『違法だが「効果的な処置だった」との判断も』
そのとおりだね

いい仕事してますね

処分する方がオカシイだろ


1/8(土) 18:09
医師の指示受けずチューブで気道確保 救急救命士を厳重注意 違法だが「効果的な処置だった」との判断も
匝瑳市横芝光町消防組合は7日、匝瑳消防署の30代と40代の男性救急救命士が、心肺停止状態だった80代の男性に、医師の指示が必要な口からチューブを入れる気道確保などの処置をしていたと発表した。2人が行った処置は救急救命士法で医師の指示が必要と定められていて、同組合は2人を厳重注意とした。

同組合によると、3日夕に119番通報を受けて匝瑳市内の男性宅に出動。救急車内で気道確保や点滴などの処置を行い、署に戻った後に医師の指示を受けていなかったことが判明した。男性は病院到着後に心拍が再開し、別の病院に搬送された。

別の救急救命士もいたが、3人のうち誰かが医師の指示を受けたと思い込んでいた。転院先の病院の医師が今回の事例を検証し、違法だが、迅速で効果的な処置が行われたと判断したという。同組合は「全職員に救急活動連携訓練を実施し再発防止に努める」としている。
医師の指示受けずチューブで気道確保 救急救命士を厳重注意 違法だが「効果的な処置だった」との判断も





 
人気ブログランキング 

法定書類は保存しとけって

書き換え前の数値を保存していないから
復元するのが困難なんだってさ

法定書類は保存しとけって
言ってる割には
自分じゃ保存しねんだな

いい仕事してますね

2022/1/3
統計書き換え、復元困難 国交省、調査票2年で廃棄
国の基幹統計「建設工事受注動態統計」を国土交通省が無断で書き換えて二重計上していた問題で、二重計上が行われた8年分の大半は、書き換え前の数値を復元するのが困難となっている。調査票自体が書き換えられた上、書き換え前の調査票の写しが残っていないとみられるためだ。調査票の電子データは保存されているが、書き換え後の調査票の数値だったという。二重計上が国内総生産(GDP)にどう影響したかを検証するのは困難な情勢だ。

国交省は長年にわたり、期限後にまとめて提出された調査票の数値について、調査票を書き換えて回収した当月分に合算するよう都道府県に指示。一方で2013年4月分から、未提出の建設業者の数値として推計値を計上していた。この結果、同一業者の受注額を二重計上する形となっていた。19年11月に会計検査院から不備を指摘されたことを契機に書き換えの指示を撤回。20年1月~21年3月分は、国交省職員自らが書き換えを…
統計書き換え、復元困難 国交省、調査票2年で廃棄









人気ブログランキング   
 

夜間も夜食買いに立ち寄ってね

コンビニがOKなら
スーパーもいいんじゃないのかね

アメリカじゃ
制服警察官が普通に
ドーナツ屋やハンバーガーで
飲み食いしているから
日本でやっても問題ないだろ

いい仕事してますね

夜間も夜食買いに立ち寄ってね



12/15(水) 16:29
制服姿で買い物OKに 長野県警「コンビニ限定」で解禁 狙いは犯罪抑止 すでに40都道府県の警察が実施
しかし、近年、コンビニエンスストアでの強盗や万引き、特殊詐欺などの犯罪は増加傾向です。

長野県警察本部警務課企画室・長尾俊之室長
「制服の警察官がお店に来ることで、犯罪を未然に防止していくことにつなげたい」

警戒と犯罪抑止のため、業界団体の理解の下、制服姿でのコンビニエンスストアでの買い物ができるようにしました。

全国でも既に40都道府県の警察が、制服での買い物ができるようにしているということです。

店側はどう感じているのでしょうか。

コンビニエンスストアのオーナー:
「電子マネーの詐欺とかも増えてますし、スタッフのみならずお客様にとっても安心。犯罪抑止につながるので非常にありがたいです」

急な呼び出しなどもあるため、買い物は立ち寄りが簡単な「コンビニ限定」で、スーパーやデパートは対象外ということです。
制服姿で買い物OKに 長野県警「コンビニ限定」で解禁 狙いは犯罪抑止 すでに40都道府県の警察が実施




 
人気ブログランキング        
  

まさに医は仁術だね

8月上旬と言えば
コロナ禍でのオリンピック
ゴリ押し開催中の医療逼迫状態で
入院できずに自宅で亡くなる人も多かった

そんな中でのアビガン投与は
まさに医は仁術だね

いい仕事してますね

アビガンは海外では
承認された国も多いが
日本は未だ承認されていないんだろ

医療崩壊を招いて大勢を
自宅死に追いやっても
責任を取らない連中が
この医師の行動を責める
資格なんかないだろね


12/7(火) 8:54
自宅療養者にアビガン 千葉の病院長、違反承知「やむを得ず」
「やむを得ない判断だった」――。千葉県いすみ市などが設置するいすみ医療センターが、「自宅療養及び療養施設での投薬はできない」とする厚生労働省の通知に反し、新型コロナウイルスの自宅療養者に、コロナ治療薬としては未承認の抗ウイルス薬「アビガン」を処方していた問題。同センターの病院長は感染者が急増する中で違反を承知で処方していたと明かした。【金沢衛、石川勝義】

病院管理者の太田洋市長は9月3日、「いすみ市コロナ在宅支援センター」を開設したと記者発表。その際、アビガン処方を担当していた医師(72)が同席し、陽性判定され肺に所見がない初期症状の患者に対して、抗ウイルス薬と抗炎症剤3種類の薬剤を処方し、自宅で療養してもらう治療を進めていることを明らかにした。

この医師は8月10日から9月2日までに84人に各5日分処方し、2人が重症化して入院したが、他は軽症と説明。「症状が出ない極初期段階での投薬治療が効果を上げている」と胸を張った。一方、抗ウイルス薬の具体名は記者から質問されても明らかにせず「従来のエビデンスに基づいた薬剤の組み合わせ」「適用外の処方」と言葉を濁し、独自の投薬治療であることを強調していた。

同センターの伴俊明病院長によると、アビガンの処方は8月中旬に開いた病院と市と保健所、地元医師会によるコロナ対策本部会議で医師から提案された。伴病院長は「アビガンは在宅には許可されていないので『病院としてはできない』と話した。しかし緊急避難的な対応で、医師個人で処方して本人が責任を取る、ということで会議で容認した」と話した。さらに「当時は市中に感染者があふれていて、何もしないでいいのかという状況の中であり、やむを得ないという判断だった」と違反を承知で認める形になったとした。

太田市長は「治療方針については理解していないが、関係者の理解の中で進めたことだと思う」と述べるにとどめた。

県医療整備課によると、11月25日に厚生労働省から外来患者へのアビガン処方に関する情報提供があり、12月6日にいすみ医療センターの病院長ら3人に事実確認した。センター側は「感染で(病床が)逼迫(ひっぱく)した一時的な対応として外来で処方した。患者には同意書を取り、健康被害は出ていない」と説明したという。
自宅療養者にアビガン 千葉の病院長、違反承知「やむを得ず」







 

人気ブログランキング      

叩けば他にも色々ある人なんだね

面白れぇーな この人

ただの80過ぎの爺さんじゃないね


具体的に広島の話をしているし
会話の全体から
「裏金」要求して
断られたら

『いや、そんなものはね、いいですか、
はっきり言うよ。言葉の問題だけであって、
実際はそんなもの気にしてる候補者なんか
一人もいないからね』

ときたもんだ


泉田裕彦 衆院議員は
いい仕事してますね



音声公開前
『ありませ~ん なおさらない そんなことは』
『ありません はっきり申し上げる ない 全くない』

音声公開予定
『私は全部覚えていますよ ほとんど覚えてる 全部覚えてますよ』
『そう、そう、そう』

音声公開後
『言うわけないじゃないですか 裏金なんて このテープは新しいテープ 
  改ざんされて カットもされている 俺(頭に)残っているもん』



2021年12月3日 金曜 午後7:12
音声データ公開に星野県議が反論「裏金とは言っていない」 泉田氏“裏金告発”問題【新潟】
衆院選の際、「裏金を要求された」と告発した泉田裕彦 衆院議員が、そのやりとりを収録した音声データを公開しました。

そこには金銭をめぐるやりとりが記録されていましたが、裏金を要求したと名指しされた星野伊佐夫 新潟県議は「裏金とは言っていない」「作り話」と反論しています。

3日、公開された音声データ。

【公開された音声】
星野県議:「それで泉田さん勝とうさ。どう思うね」
泉田議員:「やっぱり小選挙区で勝つかどうかで全然違いますもんね」
星野県議:「もしさ、比例でひっかからなかったら終わりだよ」
泉田議員:「うん」

このやりとりの中で「裏金の要求があった」と告発した泉田裕彦衆院議員。

【泉田裕彦 衆院議員(会見)】
「今回の総選挙におきまして、2~3000万円の裏金要求をされました」

会話の相手として名指ししたのが、長年“蜜月関係”にあった星野伊佐夫県議でした。この告発に対し…

【星野伊佐夫 県議(12月1日)】
Q.裏金を要求した事実は
「ありません。はっきり申し上げる。全くない」

Q.“払わなければ選挙に落ちるぞ”という言い方はした
「ありません。なおさらないです。そんなことは」

星野県議は金銭の要求について全面的に否定していましたが、3日午前。

【星野伊佐夫 県議】
「私は全部覚えていますよ。ほとんど覚えてる。全部覚えてますよ」

Q.政治活動のためのお金
「そう、そう、そう」

音声データが公開されることを察知したのか、全てを思い出した星野県議。

音声データのやりとりが本当に星野県議なのか再び直撃すると…

【杉本一機キャスター】
「(音声データの中で)『言葉の問題であって、実際そんなことを気にしている候補者はいない』と」

【星野伊佐夫 県議】
「言うわけないじゃないですか、裏金なんて。このテープは新しいテープ。改ざんされて、カットもされている。俺(頭に)残っているもん」

公開された音声には、金銭について触れている部分がありました。

【公開された音声】
星野県議:「とにかく必要経費を早くまこう。もう余裕がない。選挙始まってからばらまくバカはいない。ここに2000万や3000万出すのにもったいながったら人生終わるよ?ね?そこなんだよ。大部分は領収書もらえるやつだから。これね、いちいち警察に報告してやるわけじゃないんだから」

この発言を“裏金”と受け止めた泉田さん。

【公開された音声】
泉田議員:「だからあの、違法行為にならないようにしないといけないので」
星野県議:「いや、そんなものはね、いいですか、はっきり言うよ。言葉の問題だけであって、実際はそんなもの気にしてる候補者なんか一人もいないからね」

泉田さんによると、会話が録音されたのは衆院選公示前の9月4日。

この時点で、活動費として政治団体に寄付をした場合でも、公職選挙法違反になると指摘していました。

【公開された音声】
泉田議員:「先生ちゃんと寄付できるときに言ってくれればいいのに。どうしたらいいんですかね」
星野県議:「だからさ、この話しはもう早く言えば(秘書)の耳にも入れてはならない。あんた一人、一人の腹、誰にも言っちゃならない。これは、この話は」
泉田議員:「でも、まかないとダメなんでしょ?」
星野県議:「まくというのはばらまくんじゃない。実力者、地区地区の」
泉田議員:「だから寄付の期限があるから。でも事務所から聞いているはず。寄付の期限があるから、この期限に言ってくれと」
星野県議:「それとはまた違うんだよな。それとはまた違うんだよ。俺の言っている意味はね」

音声データの公開を受けて会見を開いた星野県議。

【星野伊佐夫 県議(会見)】
「本当に一番大事な部分を、私がこの時に話しているんですが、これが抜いてあります。完全に抜いてあります」

音声データが編集されていると指摘。さらには「裏金という文言はなかった」と語気を強めました。

【星野伊佐夫 県議】
「彼は裏金の話ではないと百も承知。知っているはず。彼が一番知ってるはず。裏金ではないということを。裏金という言葉・文言これだけは許せない」

一方、4年前の衆院選で周囲の反対を押しきり、擁立した泉田さんと金銭をめぐる騒動が起きていることについては…

【星野伊佐夫 県議】
「(責任は)ありますね。おっしゃる通りだ。本当に申し訳なかった。みんなに迷惑かけている。でも俺はそういう人だとは思わないから、一緒にやっていける人だと思ったから」

師弟関係から一転、完全に対立した2人…

星野県議は法的措置も含めて今後の対応を検討する方針です。
音声データ公開に星野県議が反論「裏金とは言っていない」 泉田氏“裏金告発”問題【新潟】




叩けば他にも色々ある人なんだね




人気ブログランキング     
 

前任者とは違うね


前任者とは違うね

いい仕事しますね

8割近いワクチン接種率の
韓国でも4カ月で3回目の
ワクチン接種始めているから
3回目はせめて6カ月で
接種開始してね


空港検疫は
抗原検査でなく
PCR検査にしてね

2021年11月29日 13時22分
全世界からの外国人の新規入国 あすから原則停止へ 岸田首相
南アフリカで確認された新型コロナの新たな変異ウイルスの感染が広がりを見せていることを受け、岸田総理大臣は記者団に対し、30日午前0時から、世界のすべての国や地域を対象に、ビジネス目的などの外国人の新規入国を、原則、停止する方針を明らかにしました。全世界からの外国人の新規入国 あすから原則停止へ 岸田首相




前任者は








人気ブログランキング     

ハチの代わりに注射器で一刺し

「ハチの一刺し」の息子さんだそうで

ハチの代わりに
注射器で一刺し
するのかと
思ったら 
これがパイプなんですな

挙動不審だったのかね
警察官の勘は鋭いね
あっぱれ

いい仕事してますね


11日 12時52分
自民党区議“覚せい剤使用”で逮捕 区議会副議長など歴任
東京・北区の自民党の区議会議員が、覚醒剤を使用したとして警視庁に逮捕されました。 覚醒剤使用の疑いで逮捕されたのは、自民党に所属する東京・北区の区議会議員 榎本一容疑者(53)です。

警視庁によりますと榎本容疑者は、おととい午後10時ごろ上野駅近くの路上で車に乗っていたところ、職務質問を受け、その後の尿検査で覚醒剤を使用していたことが発覚しました。車内からは、覚醒剤を吸引する際に使うとみられるパイプ1本が見つかったということです。

北区議会自民党議員団のホームページによりますと、榎本容疑者は故・鳩山邦夫衆院議員の政策スタッフを経て1999年に初当選し、2009年に民主党から自民党に入り、区議会の副議長などを歴任していました。北区議会自民党議員団は、「事実関係を確認中」としています。
自民党区議“覚せい剤使用”で逮捕 区議会副議長など歴任




「ハチの一刺し」
はこちらの方









人気ブログランキング        
ギャラリー
  • 『行ってしまえ』は 『逃げろという趣旨ではない』
  • 先ずは身内の敵と戦ってくれよ
  • 普通にいっぱいいるよ
  • 泥棒が先生やってちゃマズイだろ
  • 依願退職する必要もないだろ
  • 依願退職する必要もないだろ
  • 同僚はタクシーで帰ったのかね
  • 早く見つかると良いね
  • 難波金融伝の世界と 大して変わらんな
  • 年末年始は呉越同舟なのかね
  • 立法府が自らを律する 法律作れよ
  • 50万円払うよりは安かったのにね
読者登録
LINE読者登録QRコード